ヒアルロン酸の保湿力

2009年6月24日 03:12 | コメント(0) | トラックバック(0)

ヒアルロン酸は1gあたり約6000mlの水分を保持する能力があります。つまり、少量のヒアルロン酸を摂取することで、体内のあらゆる部分の水分を保湿することができるのです。
人間が生きていくうえで水分は欠かせない物質です。体内に充分な水分を補うことで、病気を防いだり美しい皮膚を生成したりします。
体内の水分が減少すると、肌にハリがなくなりしわやたるみの原因となります。また、細胞が正常に働かないため、様々な病気への引き金となってしまうのです。
ヒアルロン酸の最大の特徴は保水力ですが、細胞の働きを安定させることによって、細胞の構築や水分調整、栄養の供給・老廃物の除去といった、生体機能の調節に不可欠なさまざまな役割を果たしています。
また、感染を防御したり、血清中の脂質の調節をして、動脈硬化などにも影響するため、生命に関わる大切な働きもしています。
ヒアルロン酸の不足が大きな病気や老化の原因となる可能性もあるので、普段から充分にヒアルロン酸を摂取するよう心がけましょう。

 

 一人親方の労災保険  小顔ローラー
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アンチエイジングが最近の化粧品のセールスポイント
ヒアルロン酸と言う言葉はご存知だと思います。いろんな化粧品などに入っていますね。...
ヒアルロン酸の基礎知識
ヒアルロン酸で素肌そのものの保湿力を高めて、加齢やストレス・環境の変化で失われた...
ヒアルロン酸の保湿力
ヒアルロン酸は1gあたり約6000mlの水分を保持する能力があります。つまり、少...
ヒアルロン酸とコラーゲンの関係
肌のたるみとは、肌を支えている物質が減り、肌自身の重みで下へ落ち込んでいくことを...
ヒアルロン酸が注目されているわけ
ヒアルロン酸は、1グラムのヒアルロン酸は、6リットルの水分を保持するといわれてお...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/268

コメントする

このサイトを購読する