ヒアルロン酸と言う言葉はご存知だと思います。いろんな化粧品などに入っていますね。ではどんなものか具体的にご存知ですか?
ヒアルロン酸は複合糖質からなる生体高分子で、生体内の細胞間に存在してグリコサミノグリカンとしてさまざまな機能を発揮している。こう聞いてもわかりませんよね(^^;)。
ややこしいと言うか教科書的な言い方をすると、ヒアルロン酸は私たちの結合組織中に多く含まれる生体高分子の一種です。
平たく言うと、私たちのからだの中のさまざまなところに存在している糖でできた物質ということです。しかし、その濃度は部位によって異なります。
鶏のとさかを触ったことありますか?あそこにはたくさんのヒアルロン酸が含まれています。人間の身体では皮膚、関節や眼球の中にたくさんあります。
ヒアルロン酸はそれを大量に含む場所で、研究材料として適した牛の目の硝子体から1934年にアメリカのコロンビア大学で抽出されました。
ギリシャ語のHyaloid(硝子体)、多糖体の構造単位であるUronic acid(ウロン酸)を組み合わせて、Hyaluronic acid(ヒアルロン酸)と命名されました。その後、1986年には多糖体の国際命名法により「Hyaluronan(ヒアルロナン)」という言葉が導入されています。
アンチエイジングが最近の化粧品のセールスポイントですが、化粧品に限らす、健康食品や美容食品、医薬部外品の添加物でアンチエイジングとヒアルロン酸は切っても切り離せない関係ですね。
赤ちゃんの肌がみずみずしく、はりがあるのはヒアルロン酸を多く含んでいるからで、その機能をいただこうと言うわけです。
赤ちゃんの皮膚のようになれるならなんぼでも買います!(爆)というわけで、アンチエイジングに最適の成分としてヒアルロン酸は人気なのです。

このサイトを購読する